9/1ドールショウ販売予定作品その1

2013年08月25日 20:34

久しぶり!

9月1日のドールショウ(ブースNo: 5B-06)に向けて
ちょびちょび作り進めています。
相変わらず計画性などというものとは縁が遠いもので
また直前までバタバタコース確定です。
(珍しくセットだけは梱包してあるけれど。)

とりあえずアイテムが揃ったワンダ服からご紹介しますね*
ワンダ服何年ぶりですかって訊かれたら、ちょっと自分でもわからないぶりです。
生意気なかんじの3点セット+アクセになりました。
+アクセっていうのは、いつもお世話になっているドールハウスミニチュア作家
ミニチュア・アクアリウムで有名な小林美幸さんにお願いして
瓶詰めおたまじゃくしを作って頂いているのです。
それがつきます。斜めがけできるようにする予定。
届き次第写真をアップしますね*
パッと見はシンプルですが、遊べるセットになったと思います。

今回のこのお洋服、ワンダサイズで作りましたが
これが思いのほかミディブライスに似合う!!
サイズの互換としては
●ワンダ・ミディブライスは全アイテムをジャストで着用。
●おでこちゃんボディはベスト、パンツを着用可。(パンツの足首きついですが)
●MAU(オビツ21cmbody)シャツ、ベストを着用可。
と、こんな感じです。

追記部分に写真いっぱい載せておきます*
(まだまだやることいっぱいあるのに撮ってたら楽しくなって荒ぶってしまった…!)
-------





まずはメインのワンダさんに。
ベストのフロントは斜めに切り替えを入れて上はニットにプリント
下はドビーストライプで、襟は合皮にしました。
ショールカラーな感じで。
ワンダさんに。
私の大好きな、カッチリしているのにどこかだらしないスタイルに仕上がりました。
ワンダさんに。
ベストのバックスタイル。
目のプリントと文字のプリントを背中心で、合皮を脇で接いでいます。
後ろの方が短い形です。
ワンダさんに。
紅茶で薄く染めた綿ローンのスタンダードなロング丈のシャツです。
ピンタックは銀色の糸で縫ったので厭味なくほど良くキラッとします*
前たてのボタンはフェイクでビーズにしてます。
アンティーク風の綺麗なビーズです。
ワンダさんに。
シャツのバックスタイルはこのように。
ボックスプリーツ的な感じになっています。
ベスト着せてたらシワが…笑
ワンダ服7
ほとばしる田嶋陽子感!!!
すべては髪型のせいです。笑
シャツの着丈がミディの方が少し短くなります。ちょっとすっきり。
モデルはHANONのサトミさんカスタム子ちゃん。かわいー!
ワンダ服8
スリムなシルエットのスラックス。サイドがフリンジになっています。
これをしたいがために、あえて耳を表に出る形で使用しています。
裾はロールアップ仕様にしています。
あと見えてないけど腰のポケット(フェイク)部分とウエストベルト
後ろのヨークは合皮切り替えです。
それと今回、ずっと見た目が嫌だと言っていた後ろ開きにしました。
後ろ開きにすることで生まれるメリットもあるなと。
ウエストベルトの前中心、左右が合わさる部分がツルッとしてるのに
ボタンだけ突然ついてるのが嫌なので、そこもフェイクですが重なってる風にしてあります。
ワンダ服9
ほとばしる古川とも感。やっぱり強く影響されてるなあと思います。
しかしこのウィッグ、メッシュどっちか一色にして欲しかったな…
ワンダ服10
ちょっとでもお尻がある子に着せると
こういう感じで、横から見たときフワッと可愛いシルエットになってよいです。
カエルはぺたんこだったことを忘れてた!
ワンダ服11
MAUにもパンツ履かせましたが、ウエストが留まりませんでした。
このようにトップスが長ければ誤魔化しながら着せて遊べます*
ワンダ服12
オビツボディの見た目は好きじゃないけれど、ポーズの保持力は本当にどのサイズも最高。
写真撮るのには最高。
ワンダ服13
ちょっときわどい
ワンダ服14
少女にシャツのこの無邪気感。